You are here
秘書技能検定 資格 

秘書技能検定

人材育成を目指す秘書検定

仕事をする中で人柄が良い、印象が良い、という人は一緒にいてよい仕事ができる相手です。
表情や態度、言葉遣いといったものは毎日の仕事を気持ち良く行うためにとても大切なことでもあります。
こういったものは生まれつきの資質であり変えられないと思っている人もいますがそのようなことはありません。

秘書検定は良い印象を与えることのできる人材を育てるためのものでもあります。
筆記試験や面接試験を通じて感じの良い人材、仕事をしていて気持ちの良い人材を育成していくのです。

秘書検定は社会に出て働くにあたって誰もが必要となる基本的な知識を検定問題として出題しています。
そして、筆記試験で学んだことは面接試験を通して表現することで就職してから必要なスキルが体現できるようになるのです。

秘書検定の試験内容と難易度

就職活動の一環やビジネスマナーを学びたいということで秘書検定に挑戦する人は3級から挑戦することが多いです。
試験の内容としては基本的な職場常識を求められます。

秘書というのは仕事の中で皆が円滑に仕事をすすめられるように周囲に気を配ることが必要です。
一般知識を身につけるだけでなく、そういった仕事を周囲が円滑に進められるような配慮も学んでいきます。

2級は3級よりも内容が少し複雑です。
上司の身の回りの世話やサポートをしていくために仕事のプライオリティを考えて進めることも求められます。
そのため、スキルとしては好印象を与える仕事の進め方だけでなく仕事の効率化についても必要です。

そこで、最近では就活の場面でも2級をもっていると優遇されるということが増えています。
実際、2級のスキルは仕事を進めている中でも実践的なものが多いです。

仕事の中で上司にアドバイスを求められたり、物事を正確に判断して周囲の秘書に指示を出したりということができるようになってくるのが準1級の試験内容になります。
この級からは筆記試験の後に面接試験が必要です。
人柄や人間力が求められるのとともに社会に出てからの実践的なスキルも身につけられます。

この級も大学生と社会人と受験者はほぼ同数です。
社会人になり秘書業務をしていないけれどもスキルアップの一環として秘書と同じようなスキルがほしいということで秘書検定に挑戦するという人も多くいます。

1級になると秘書がするべきことを上司の指示を受ける前に察知して上司が働きやすいように仕事を準備することが必要です。
こういった判断能力を身につけられるのが1級の試験内容になっています。

かなり実践的な知識やスキルを求められるので、最近では現役の秘書の人たちや社会人として働いている人たちが挑戦するケースが多いです。
試験勉強をすることによって新たなスキルを身につけるとともに、今までの仕事の振り返りをしているという人もいます。

Related posts