You are here
マイクロソフトスペシャリスト(MOS) 資格 

マイクロソフトスペシャリスト(MOS)

一つは持っておきたいパソコン資格

仕事をする中ではもちろん、就職活動でも転職活動でもパソコンスキルは自己アピールとしてとても有効なものです。
今は仕事をするためにはパソコンが必ず必要ですし、使えるスキルが多いとその分仕事も効率よく進められます。

ただ、スキルがあると口頭で説明をするよりも資格があるほうが知識や技術の証明になりますし、アピールもしやすいです。
資格取得のために勉強すると幅広いジャンルの知識も身につきます。

パソコン資格としておすすめのマイクロソフトスペシャリスト(MOS)

マイクロソフトスペシャリスト(MOS)と呼ばれるパソコン資格は特に持っていると役立つ実用的なパソコン資格です。
最近ではいろいろな団体が様々なタイプの試験を実施していますが、その中でも特にMOSは汎用性が高いといえます。

資格の内容としてMOSではWordやExcelといったMicrosoft officeの製品についてのスキルを持っていることを証明できるものです。
多くの会社がMicrosoftのWordやExcelを使用していますからこれらの資格をもっていというのはとても有利になります。

また、MOSの資格は国際資格です。
世界に通用するパソコン技術を持っているという証明になります。
学生の場合には世界規模での大会が行われており、この大会で成果を出していると就職でもとても有利です。

MOSの勉強をすることで得られるパソコンスキル

MOSの試験は筆記試験がなく実技試験のみが行われます。
そのため試験対策としてはパソコン操作を身につけることが必要です。
身につけたスキルはすぐに仕事の中で生かせるものですから仕事に直結する知識が身につけられます。

WordやExcelは自己流で操作をしていると使いきれない機能が出てくるものです。
作業をする中で効率化を図るためにはやはり専門的な勉強が必要です。
MOSの勉強をしておくと短時間で効率よい作業をすることができますし、ほかの人よりも早く正確に、そして見やすい資料作りやデータ抽出といったことを実現できます。

大学の授業でも今はパソコンを習いますし、中学生や高校生のころから使っているという人も多くいます。
そうすると自然とスキルがある程度身についているために必要最低限の人は多くの人ができるようになっているものです。
しかし、これから社会人となって本格的にWordやExcelを使うとなると自分が知っている知識以上のものが必要となる場面が多くあります。

そこで、今持っている知識をさらにブラッシュアップするためにもMOSの試験はとても役立つものです。
仕事の中で使う資料作成や表計算といったものはもちろんですが、マーケティングやプレゼンなど多くの場面でスキルがあることでビジネスチャンスをもらうことができる可能性がありますから持っていて損はない資格といえます。

Related posts