You are here
FP技能検定 資格 

FP技能検定

仕事の中でもプライベートでも役立つFPの仕事

最近ではファイナンシャルプランナー(FP)と呼ばれる人たちが注目をされています。
長引く不況の影響で生活費が思うように稼げない、給与が安定しない、などお金の環境は良くない状況が続いており、老後に不安を抱えているという人も多いです。

そういった人にとってこれからの資産運用やマネープランを考えたいときに頼りになる存在がファイナンシャルプランナーで家計のことを個別に相談をすることができます。
仕事の名前は聞いたことがあっても具体的にどのような仕事をする人かわかっていない人が多いです。
簡単に言えばお金に関するスペシャリストであり、いろいろなお金についての知識を持っています。

FPが持っている知識は普段の生活で役立つ知識も多く、最近では自身の家計管理のために勉強するという人も多いです。
仕事の中でもいろいろな仕事で役立つスキルということで多岐にわたる仕事でFPの資格を取得している人が出てきています。

FPの資格で取り扱うもの

私たちの生活の中ではたくさんのお金が動いています。
その中でも、FPが取り扱う内容というのはライフプランニングや資金計画、金融資産運用、リスク管理、不動産、相続・事業継承、タックスプランニングなどです。

どの内容も私たちの生活に密着しているものです。
子供が生まれたから生命保険の内容を変えたい、マイホーム購入のための住宅ローンを選びたい、教育費の貯金がしたい、老後のためにどのくらいお金をためればいいかシミュレーションしたい、といったことはすべてFPに相談をするとアドバイスをもらうことができます。

このようにFPの仕事では普段の生活に関するお金のことから将来的なことまで生涯にわたってお金の疑問を解決してくれる存在になってくれるのです。
そのため、仕事の中では銀行や保険、証券といったものを取り扱う金融業界、住宅メーカーなどの不動産業界といったところでも知識が役立ちます。
仕事でもプライベートでも知っておくと役立てることのできる資格です。

キャリアアップに使えるFP

仕事をしている中でキャリアアップをしたいと考えた時、やはり資格を持っている方が有利に働きます。
資格を持っているというのは知識の証明であり、その分野について合格できるだけの知識があることが証明できるものです。

そこで、今行っている仕事の中でほかの人よりもスキルを持っている、ほかの人にはできない仕事ができる、といった差別化が図れることでキャリアアップのチャンスを得ることができます。
また、最近では女性が長く仕事を続けるために独立開業をして仕事をするためにFPの資格に挑戦をするということも多いです。
FPは仕事をするにあたって、様々なキャリアに生かすことができる資格といえます。

Related posts