You are here
ビジネスキャリア検定 資格 

ビジネスキャリア検定

ビジネスキャリア検定は、事務職として働く人の能力を判定するために用いられています。
この検定を受けて合格すると、リーダーシップを持っているイメージが強くなり、今後の活躍に幅をもたせてくれるのです。

試験は1年に2回行われている

こちらの試験は前期と後期に分けて1年に2回行われています。
2回とも試験を受けることが可能になっていますので、1回目の前期で不合格になってしまった場合には2回目で後期の試験を受けて合格を目指していきましょう。

平成6年にスタートした試験となっており、すでに40万人の受験者がいます。
事務系で働く人々に役立つ人事や人材開発をはじめその他にも、生産管理やマーケティングなどについて知識を学び、試験で評価するというものです。
また単純に知識を問われるだけではなく、実務においてどれだけの応用力を持っているのかという部分も問われるものになっています。

合格するとスペシャリストの称号が与えられる

ビジネスキャリア検定を受けて合格すると合格証書が発行されますが、これだけではなく、スペシャリストの称号が付与されることになっています。
そのため転職さらに就職をする際に履歴書に記入することができるのです。

受験費用も比較的リーズナブルですので、などでもチャレンジすることができるでしょう。
自分の就職活動を有利にするため複数回チャレンジし、ようやく合格したという人も少なくありません。
細かなジャンルに分かれているので勉強するのが大変だと思ってしまう方もいるようですが、しっかりとした参考書などが販売されているので、わかりやすく学んでいくことができます。

詳しい出題内容に関して

試験でどのような問題が出題されるのかについて詳しくご紹介していきます。
大きく分けて8種類になっており、新規採用や異動、従業員の給与計算などを行う人事・人材開発と、福利厚生や就業規則の管理などを担当する労務管理部門のほか、企業法務部門経理、財務管理部門などに分かれています。
またこの他にもさまざまにわかれており、その内容は戦略部門や経営情報システム部門、営業・マーケティング部門、ロジスティクス部門、生産管理部門です。

それぞれの部門での合格率は平均して50%程度だと思っておくと良いでしょう。
2級と3級がありますが、3級は係長などの役職を目指す方で実務経験が3年程度、2級は課長クラスを目指す方で実務経験が5年程度あれば良いとされています。

3級は40門110分で行っていく4択の選択問題、2級は40門を110分間で解いていく5択の選択問題となります。
インターネットから、もしくは郵送の払込用紙で受験申請を行うことが可能です。

この試験対策としては、やはり参考書が1番で、過去の問題などを繰り返しておくと良いでしょう。
合格発表に関しては、インターネット上からでも確認することができます。

Related posts