You are here
知っているようで知らない「社会保険料」とは お役立ち情報 

知っているようで知らない「社会保険料」とは

社会保険とは

社会保険とはいくつかの種類がありますが、どれも従業員やその家族を守る大切なものです。
企業によって保険の種類やサービスの内容も違っています。
社会保険を充実させることは従業員が安心して働く環境を作るために大切なことです。

また、社会保障が充実していることは企業としての安心を持たせることができます。
採用の場でも選ばれやすくなるためにはきちんと社会保険を充実させておくことが必要です。

社会保険の中に含まれるものでも、健康保険、厚生年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険(労働災害補償保険)といったものは代表的なものになります。
健康保険はケガや病気をして病院などの施設で医療費を支払う際の自己負担が3割、事業所が7割負担をしてくれるものです。

個人事業主や学生など年齢、性別といったものに問わず加入義務がある国民健康保険と同じ役割をしています。
ただ、国民健康保険と健康保険が違う点として、健康保険は事業所と従業員とで保険料を折半しているという点です。

厚生年金保険というのは国民年金とは別の年金制度の一つになります。
会社ごとにある基金や団体に収めることによって将来は一定の年金が支給されるものです。
具体的には65歳以上から受け取ることのできる年金や一定のけがや病気をした際に受け取れる障害年金、加入者が亡くなった際に受け取れる遺族年金といったものがあります。

介護保険は市区町村が定める介護認定の対象者が認定レベルによって受けることのできる介護サービスです。
基本的には居宅系、施設系、地域系と3つのサービス形態があり、その1割を負担して受けることができます。
ただ、介護を必要としているが増えていることに伴い認定基準は厳しなっていますし、手続きは一人で行わずケアマネージャーをはじめとした専門家のアドバイスが必要です。

雇用保険は失業した際に失業給付金やハローワークでの求職支援といったものを受けることができます。
ただし、失業給付金の受け取りをするためにはハローワークに「雇用保険被保険者離職票」の提出が必要ですし、手続きやハローワークでの求職活動といったものが必要になります。また、受給をしている間はアルバイトなどの給与所得も制限があり条件が難しいです。

労災保険は仕事中や通勤中に事故や災害にあった際に給付金を受け取ることができます。
ここでの事故の中には病気や死亡といったものも含まれ、労働者や遺族の保護のために必要な保険が給付される仕組みです。
労働者が社会復帰できるように支援をしたり、遺族の生活を支援したり、福祉の増進をはかったりするために使われます。

これらの保険について、企業は新たな社員を迎えたたらすぐに加入ができるように書類作成をしておくことが必要です。
そして、新入社員に対してきちんと説明できる知識も持っておくことが望まれます。

Related posts