You are here
インターン事情について紹介 お役立ち情報 

インターン事情について紹介

急速に増加を続けるインターン制度

ここ数年で新卒採用のマーケットではインターン制度が実施されていることが急増しています。
内定率が過去最高の推移となり、4月の時点では学生の4分の1が内定先を保有している状況です。
これはインターンを取り入れている企業が増えたことが影響しています。

学生側も就職活動をしているピークの時期が3月から4月に集中しており、この時期は就職サイト上に情報を掲出しても埋もれがちです。
もしもせっかく情報を掲載しているのに埋もれてしまうような状況になってしまうと費用をかけても思うような成果が得られなくなってしまいます。

そこで学生の行動が集中する時期よりも早いうちから人事も動くことが必要です。
そういった取り組みの一つにインターンシップがあります。

もともとはあまり利用されなかったインターンシップ

インターンシップはもともとあまり企業としては積極的に利用していませんでした。
これは企業として採用関連の取り組みとしてインターンシップはかなり手間がかかることが原因でした。

しかし、最近では多くの企業がインターンシップを利用しています。
この変化はインターンシップを利用した学生の多くがその会社の採用試験を受けて選考を受けているためです。

そして、インターンシップに参加している学生ほど早めに内定をもらっており、なおかつ就職先を早期に確保しています。
そのため企業としては面倒であっても早期に自社に就職を希望している優秀な人達を確保するためにもインターンシップを行うことが必要なのです。

成果の出るインターンシップを行うには

多くの学生はインターンシップに参加をすることで企業についての情報を得ることができること、実際の仕事の様子が確認できること、といったメリットからインターンシップを利用しています。
そのため、企業としてはどうしても自社のアピールをしようと躍起になりがちです。

しかし、実際にはインターンシップを利用した学生はそこで企業の印象が悪いものになると採用試験にくることがありません。
あまりにも採用を目的にしているインターンシップを行ってしまうと学生にネガティブな印象を与えてしまうのです。

そこで、インターンシップを行うにあたっては学生に対して満足度の高いものにするよう意識することが大切になってきます。
参加をしたことで企業のイメージがつかめる、仕事の進め方がわかるのはもちろんですが、企業に対してポジティブなイメージを持てるようにすることが大切です。

特にほかの企業よりも認知度の低い企業はインターンシップを活用すると学生からの支持を受けやすく採用希望者を増やすことができます。
学生自身が働きたいと思える環境整備をしたり、他社との差別化を図ったりすることで有意義なインターンシップを行うことができるのです。

Related posts