You are here
採用動画は就活生に効果大!調査の内容とは お役立ち情報 

採用動画は就活生に効果大!調査の内容とは

売り手市場が続く新卒採用マーケット

新卒採用マーケットはここ数年売り手市場が続いている状態です。
このような市場環境になったことによって、各社は自社に少しでも優秀な人材が集まるようにといろいろな取り組みをしています。
他社との差別化を図らないとなかなか優秀な人材が集まらないですし内定辞退者も増える一方です。

そこで取り入れられるようになっているものの一つとして採用に動画を取り入れる取り組みがあります。
これは動画の活用をすることでメリットが高い反面、とても影響力のあるものでもあり使い方には注意が必要です。

就活生に対する採用動画に関する調査

就活生が採用動画の活用をしているのか、そしてどのような活用方法をしているのかということの調査が行われています。
これは視聴の有無を確認するだけでなく、どういった動画が印象に残っているのか、必要だと感じているのかといったものを調査したものです。

調査の結果として2人に1人の就職活動性が採用動画の視聴経験をしています。
視聴経験のある学生の視聴場所としては、会社説明会での視聴が多いです。

他にもインターネット環境が整っていることもあり、視聴の場所としては企業のSNSアカウントやYouTubeといった場面での視聴も増えています。
そのため、今後企業としてはSNSやYouTubeへの注力が企業としての広報活動にとても有効だと考えることができるのです。

また、動画を視聴することは多くの就活生にとって採用の志望度を上げています。
やはり動画を見ることによって企業への理解が高まったり興味関心を持ったりしますから、説明会への参加率や採用試験の受験率は高くなるのです。

特に動画の内容として参考になるのが実際に働いている社員へのインタビューや仕事の風景といったものがあげられています。
多くの学生は自分が会社で働き始めてからのこととして、会社になじむことができるか、自分の思い描いているキャリアプランが実現できるかといったことを不安視しており、こういったものはパンフレットからだけではわかりにくいです。

そこで、実際の社員の声を聴いたり働いている様子が見られたりする動画は自分が働いている姿を想像しやすく、印象的ですし参考になると感じるのです。
このようなオフィスでの様子の動画を流しているものは人気が高く、多くの人が就職活動の中で参考にしていますし志望度が上がっています。

今はスマートフォンやタブレットが普及したことで多くの人がいろいろな場面でインターネットを利用してホームページを確認しています。
就職活動でも同様で、たくさんの人が企業情報を集めるためにインターネットを利用しており、動画はアイキャッチにもとても効果的です。
今後、さらに多くの人がインターネットを介して企業研究をすることが予想されており、インターネット動画は多くの人にとって活用されるアイテムになるのはもちろんのこと企業への志望度を高めてもらうツールにもなれると予想されています。

Related posts