You are here
ITエンジニアを採用!知っておきたいステップとは お役立ち情報 

ITエンジニアを採用!知っておきたいステップとは

仕事におけるITエンジニアの採用

仕事の中でパソコンやインターネットスキルは欠かせないものです。
どのようなジャンルの仕事をしていてもこれらのスキルは求められます。
そのため多くの企業ではITエンジニアの求人があるものです。

しかし、企業の中には人事の人たちがITのスキルについての知識が弱く、まだまだ採用の段階でどういった人材を確保すればよいのかわかっていないこともあります。
ITのスキルを持っているという人でも、得意な分野や苦手な分野がありますし、具体的にどういった分野での仕事を任せるべきかという適性もあるものです。
そのため即戦力として会社で働いてもらうためにも、本人が自分の持っている力をきちんと発揮するためにも、採用にあたってはきちんとスキルの合う人が必要になってきます。

ITエンジニア採用の際の問題点

今までITエンジニアを採用するにあたってはいろいろな課題がありました。
その一つがペルソナ作成です。
エンジニアとして働いた経験がない人は人事がペルソナを作成する際に明確なものを作ることができません。
言語やツールがたくさんありますから、採用したいエンジニア像を作るためにはIT関連の知識を持ったうえで、ペルソナ作成は必須です。

次に内定辞退の問題があります。
多くの人たちは複数の企業を採用試験で受けており、内定をもらった際にはより条件の良い企業を選ぼうと考えているものです。
そうするとせっかく自社に合っていると思っている人材に巡り合えたとしても内定が辞退されてしまう可能性があります。

できるだけ優秀な人材を見つけたら早く確保をしたいものです。
しっかりと自社にホールドするための対策が必要になってきます。

ITエンジニアの内定で失敗しないために

人材を選定する際に絶対外せないのがペルソナをきちんと作成しておくことです。
採用したいエンジニアはどういった人材であるのか、パソコンスキルや経験、組織で必要な役割や知識といったものを明確にしていきます。
転職活動中という人は現在の仕事がどういったものであり、どういった経験をしているのかを確認すると自社での働き方もイメージしやすいです。

次に求人の具体的な内容を決めていきます。
どういった仕事を任せたいのか、採用したい人材がどういったスキルを持っているのかということをしっかりと書いた求人票が作成できると休職中のエンジニアは仕事の内容が分かりやすく企業に対して興味が持ちやすいです。

面接や面談もしっかりと行うことが内定辞退の防止には効果があります。
どういった仕事を任せたいのか、自社でどのような役割を期待しているのか、といったことをきちんと伝えていくと面談の中で自分のビジネスイメージが持ちやすく内定を辞退して他社に行く気持ちは薄らいでいき、内定辞退率は下げられるのです。

Related posts