You are here
人事の仕事内容 人事 

人事の仕事内容

人事部での仕事は社内での異動やその他新入社員を採用するときの役割ばかりだと思っている方もいるようです。
しかし人事で働いていくためには、その他にも多くの業務を担当することがあります。
近年では正社員としてだけではなく、契約社員や派遣社員として人事を担当する方も増えてきているようです。

人に関わる業務をこなす

基本的に人事というのはその名の通り、人に関わる業務をこなしていくというのが中心になります。
新年度の新規採用をはじめとして、その他にも中途採用など面接への応募者の面接を行い最終的に人選をするのも人事の仕事。

また、面接をする際にどんな内容をやり取りするか、考えるのも一つの仕事内容になっています。
面接だけでも多くの人を目の当たりにすることになるため、転職先や就職先が決まらず切迫している人や、自分の力量を過信していて、わが社にはちょっと合わないと思う人に出会うこともあります。
また社内で人事異動があった際にも担当することになるので様々な判断力が必要になるでしょう。

給与待遇についても管理をすることがある

人事の仕事は上記のように採用関係のものや、異動に対してだけではありません。
場合によっては、従業員の給与待遇などについてもしっかりと管理をしていくことになります。
今現在、従業員に対し支払っている給与がふさわしいかどうかを判断し、そうでなかった場合には、会社に掛け合うということも必要です。

1人1人の従業員が会社を大切にし、長く働いてくれるために様々な角度から考えていきます。
新入社員が入ってくる春先や会社でのイベント事などには活躍する場面も多く、従業員の評価をするのも人事の仕事になります。

派遣として人事スタッフで働くこともできる

長年にわたり会社で働いていた人が最終的には人事スタッフとして働くといったイメージを持たれがちですが、近年では派遣スタッフでも人事として働いているケースが増えました。
様々な業務をこなしていく中で、特に面接や採用そして退職などに携わるるのが嫌になってしまう人事スタッフもいます。

こういったスタッフによって欠員が出てしまった会社は、早急に人事が必要になりますので派遣であってもしっかりとした知識、そして経験を持つ方であればとても大切な立場として働くことができます。
人事は必ずしも長年にわたり会社に貢献してきたスタッフでなければいけない、などの決まりはありませんので誰でも経験することができるでしょう。

ただし、人事部門で働いていくためには、やはりそれなりの経験、そして知識が必要ですので事情を挟んでしまうような方には向きません。
しっかりとした判断力を持ち、さらには会社のため従業員のためを思いながら働ける人が望ましいといえるでしょう。
基本的に一人だけで事情を判断するということはなく、同僚や先輩と一緒に働いていくことになります。
その中で様々な経験を覚えていきましょう。

Related posts