You are here
総務で身につくスキル 総務 

総務で身につくスキル

総務の立場として働いていると、知らず知らず様々なスキルや能力などが身に付いているといわれています。
多くの業務を解決していくため、それぞれをこなしていくことで自然に多くの知識を身につけることもできるでしょう。

問題解決能力が身につく

会社の中では常に様々な問題が起きてきます。
従業員が突然お休みをしてしまい、人員が足りないという時や、その他にも他社とのトラブルになってしまったなど多種多様です。

こういった問題を瞬時な判断力で解決していかなくてはならないため、総務を経験すると問題解決能力が身につくと言われています。
場合によっては訴訟問題まで発展してしまうことがありますので、こういった部分での多用や従業員をしっかりとまとめるといった部分での管理能力も身についていくでしょう。

調整力や判断力も自然と得ていることが多い

従業員同士がどうすれば働きやすいのかを考えたり、その他にも必要に応じてイベントを企画するなどといった部分から調整力、そして判断力も身に付いていることの多い立場です。
総務の場合には、同じ会社の中でも違った部署とのやり取りをすることが多いため、このような内容から調整力を身につけることができます。

全体的なバランスを常に把握しながら従業員一人一人が働きやすい環境づくりに努め、生産性につなげていくという重要なポストです。
新しい部署を設置するというタイミングや、反対に部署を合併させるなどというタイミングであっても総務の判断力が役立ちます。
とても難しい内容に思えますが、経験を積んでいくことによって会社全体の雰囲気や特色など生かし、上手にまとめていくことができるようになります。

コミニュケーション能力がアップする

上記の通り総務として働いていくのであれば、各部署や他の業者とのやり取りを行っていくことが非常に多いです。
そのため、とてもたくさんの人々と接することによってコミュニケーション能力が関係してきます。

コミュニケーション能力がアップすると、お仕事以外の部分でも役に立ちますのでぜひとも身につけておきたいスキルの一つだといえるでしょう。
専門的なスキルを磨くために大手企業への転職を考える人もいるようです。
コミュニケーション能力を上げたい方は下のサイトも参考にされてみてください。
>>コミュ力を上げる4つの必要事項【ビジョナリーマインド】

総務そのものは非常に幅広い業務を担当していきますので、知識そして経験をどんどん積み重ねていくことができます。
またこのような経験を持つことによって、最終的には経営戦略に大きく携わっていくこともできるでしょう。
一言で総務と言っても自分がどのように働いていきたいのかによって就職先は変わってくるものです。

業務経験を積めば積むほど需要は高くなり、たとえ会社が変わっても幅広く活躍していくことができます。
慣れるまでは大変な立場ですが、一度慣れてしまえば応用が利くため経験できるチャンスがあれば率先して経験しておくと良いでしょう。
もちろんそのとして働いていくためには、周りの人間からの信頼を得る必要があるため、それまでの自分の頑張りが、そのまま総務としての評価に繋がります。

Related posts