You are here
総務の平均年収 総務 

総務の平均年収

総務の業務そのものは非常に多岐にわたるため、そういった内容に比例して年収なども比較的水準が高いと言った意見がほとんどです。
もちろん役職を持つことになるため、そこでの手当などが支給されることもありますが実際に総務の方の平均的な年収や月収はどのくらいなのでしょうか?

だいたい280万前後

企業や個人個人のキャリアによって違いはありますが、総務の平均的な年収は280万前後となっています。
思っていたほど高くないと言う人もいるのではないでしょうか。
これを月収に計算してみると20万円から25万円の間だと判断することができます。

これにボーナスなどが支給されると、誰でも年収が上記の通り280万前後になるというケースがほとんどです。
総務は会社組織そのものをしっかりまとめていくための業務を行っているので、その都度手当がつくものだと思われがちですがそうではありません。

年齢によるものも関係する

総務として働いている方々は、20代ではなく30代以降というケースが多く上記したような年収、そして月収に関しては年齢による影響も大きいと言われています。
やはり30代以降になると、ある程度会社に入ってからの勤続年数も経過しているのでこうした部分から基本給そのものが増えているという形になります。

だからといって特別お給料が高いわけではなく、年齢に応じたお給料として一般的に支払われているイメージでしょうか。
ただし当然ながら、総務という役職は管理職になりますので、ここでの基本給などは水準が高い設定となっています。
その他一般的な社員に比べると手取りも多く近年の平均的な相場を見る限り年収も高い部類だといえるでしょう。

月々の手当てなどは少ないケースも多い

前述の通り総務は管理職としての立場になりますが、こういった部分に対して月々の手当は少ないケースがほとんどです。
さほど多くの手当はつかず、やはり基本給によるものが多いといえるのではないでしょうか。

休日出勤をする必要があり、さらにそれが会社のイベントの比較などであれば基本給とは別に給料が支給されますが、そうでない時には別途支給がされることは少ないようです。
総務として働きながら、ある程度高いお給料を捨てていきたいと考えるのであれば中堅企業などに就職し、会社の重要ポストとして働いていくのが1番なのかもしれません。

また、総務として働く人のなかには専門知識だけでなく、専門的な資格を持っている方もいます。
このような資格を持っている場合には別途手当が支給されますので、その分トータルした時の年収額も高くなるようです。

社内の備品管理をはじめとして、様々なイベントそして交流などに必要な経費の計算なども総務は把握する必要があります。
計算に関わる資格を持っていたり、その他にも様々な事務処理そして高いパソコンスキルなどを身につけていると別途手当が支給される可能性も高くなります。

Related posts