You are here
総務のキャリアパス 総務 

総務のキャリアパス

総務としてキャリアパスを考えてみよう

企業で働くようになって、総務、人事、営業などの課に配属されると、それぞれがこの先、どのようにキャリアアップしていこうかと真剣に考えるようになります。
誰でもかキャリアパスを考え、その際に何が必要なのかを求めようと必死になります。

総務としては配属された場合、どのような事についてキャリアパスを考えていけばいいのか、総務は業務範囲が多岐にわたり、企業によってその仕事内容も異なるので、少し難しいと思いますが、全体的に見て、事務全体の総括としての役割をはたす必要があります。

勤務先によってどこまでの業務を担当するか異なるのですが、商務が細分化されていることが多い大手企業の場合、一つの業務に深くかかわっていくことが多くなります。
しかし小規模組織という場合、総務の総人員が少なく、その中で経理、人事、労務、後方までこなすことが必要という企業も少なくありません。

こうした小規模企業の総務にいる事で、大企業では得る事の出来ないたくさんの仕事を管理士、オールマイティにこなすことのできる力が養われるのです。

もし、総務として仕事のキャリアパスを考えるということなら、小規模な企業に転職して、総合的な業務を行うという手段もあります。

大手企業から転職したくないという場合には、キャリアパスの方法として、総務の中でも担当する業務を変えてもらい、そこに慣れてきて仕事内容が把握できたら、別の業務担当に移動を希望するという方法もあります。

ベンチャー企業などの経営者の近くで働くことが多い総務となれば、経営ということにも非常に近い状態でいられるので、幅広い知識が身に付くと考えていいでしょう。

総務のスペシャリストになって働くという選択

多用なスキルを活かし、総務として活躍するという人もいますが、各領域の業務を突き詰めて、その業務のスペシャリストになるという目的をもって働く方もいます。

総務として組織のリスク管理やコンプライアンス、知的財産の管理などを行っている場合、その分野では法律も含んだ専門的知識が必要となります。
ここで深く学ぶことで法律にも強い総務となる事が出来ます。
これは誰にでもできる事ではなく、そうした分野に携わった総務だからできる事です。

その分野の経験やスキルを突き詰めて自分のものしてきたという人は、転職という時でも、非常に高い評価を受けることが多く、よい待遇での転職も夢ではありません。

今自分が置かれている状況の中で最も深い知識を持ったスペシャリストとなる事で、その他転職ということを考えた時にも、幅広い転職先を見つけることができるのです。
どのように総務としてキャリアパスを考えていくか、将来を見据えてしっかり考えてみましょう。

Related posts