You are here
社会保険労務士 資格 

社会保険労務士

近年の社会保険労務士の需要は非常に高くなってきています。
そのため、受験資格を持っている人は是非ともチャレンジした方が良いといえるでしょう。

受験資格が必要?

社会保険労務士の受験をするためには最低でも高校を卒業していることが大きな条件になっています。
このような学歴の他に必要最低限の実務経験があることや、厚生労働大臣が認めた国家試験合格者の三つに分かれています。

実務経験に関しては健康保険組合などに代表される労働社会保険諸法令に基づいて設立された法人で、3年以上役員・従事者として働いた経験を持つものや、社会保険労務士若しくは社会保険労務士法人または弁護士弁護士法人の業務補助に従事した期間が通算3年以上など決められています。
また行政書士の資格を有する者も受験資格を持っていることになります。

受験資格を証明するためには、卒業証書や卒業証書の写し、さらには専門師としての称号が付与されていることの証明または写しなどが必要になります。
実務経験に関しても、このような従事期間をしっかりと証明する書面が必要です。

さまざまなことを行う

社会保険労務士というのは様々な会社で保障面をしっかりと管理していく立場になります。
新しく従業員が増えたときの書類手続きをはじめとして、実際に社会保険を使用しなければならない時の手続きも行っていきます。

社労士と略されることもありますが、可能な限り社会保障制度を充実させ、従業員、そして会社側にも円滑な活用をアドバイスしていきます。
雇用保険だけではなく健康保険や厚生年金などにも携わり、事務手続きの代行などを行っていきます。

また労働者の名簿を作ることや賃金台帳就業規則などを作成するのも基本的には社労士の独占業務といえます。
できる知識を生かし、それぞれの企業の社会保障に関してを徹底管理していきます。

雇用形態の多様化でニーズは高まっている

近年では企業が従業員を雇用する際の携帯もどんどん多様化されています。
そのため金銭面や保障面で多くの問題があります。
社会保険労務士は、このような部分で大活躍しますので多くの企業で求めています。

更新する必要などもなく、細かな作業が多いので女性にも人気がある資格の一つとなっていて、一度取得をしておけば、年齢を重ねても長年にわたり活躍することができます。
現在では1人の社労士な100社以上もの業務を抱えていると言った状況になっており、本当に不足していることがわかります。

資格を取得するために学ぶ健康保険や年金退職後については自分のライフプランにも不活用させることができるので、こういった部分からも取得する人が増えているようです。
また、ファイナンシャルプランナーや行政書士の資格をお持ちの方は、さらに仕事の幅を広げることができるでしょう。

Related posts