You are here
中小企業診断士 資格 

中小企業診断士

中小企業診断士とはどういう仕事?難しい仕事?

最近よく話題になっている中小企業診断士という資格はどういう資格なのか、知りたいという方も多いと思います。
中小企業診断士という仕事は、中小企業の経営の中で出てくる課題に対応するため、診断、助言などを行う中小企業経営のコンサル的な立場です。

中小企業診断士の制度は、中小企業の経営を行う方が適切な経営の診断、経営に関する条件を受ける際、この相談業務や診断等を行う専門的知識を持っている人の選定を容易にするために作った資格です。

この中小企業診断士になるためには経済産業大臣が一定レベル以上の能力を持っていることを証明し登録することが必要です。
中小企業基本法においては、中小企業者が経営資源をしっかりと確保出来るようにサポートできるコンサルとして中小企業診断士を位置づけています。

中小企業診断士の役割、業務はどんなことがある?

中小企業診断士は中小企業の経営の芯だ、経営に関する助言が主な仕事となります。
現状分析を踏まえて企業が成長できるように戦略をアドバイスするということが業務です。

ただ幅広い知識が必要となる資格なので、この資格を持っている方は知識、能力をもって幅広く活躍されています。

企業の成長戦略の策定は、中小企業が円滑に仕事を行っていくため必要な事です。
この策定を専門的にアドバイスすることが中小企業診断士の役割です。

策定した成長戦略の実行には具体的な計画が必要となり、実績、経営の環境を変化させるための支援をしていく必要があります。

中小企業と行政、企業と金融機関の橋渡し役としても業務を担っており、施策の適切な活用支援、等、幅広い知識が必要となります。

中小企業診断士になるためには

中小企業診断士となるためには試験に合格することが求められます。
一次試験・二次試験に合格すれば中小企業診断士として登録する必要があります。

登録方法としては、実務補修を修了する、診断実務に従事するという方法と、中小企業基盤整備機構また、登録養成機関が行う養成課程の修了が必要となります。

また中小企業診断士の登録有効期間は5年間となりますので、登録を更新することが必要です。
この登録更新には一定の条件を満たすことが必要です。

理論製作更新研修を次の更新までに5回受講すること、また理論製作更新研修の内容に基づき、論文審査が行われます。
この論文審査に合格することで、理論製作更新研修を1回受講したことになります。

こうした更新講習等を行うことで、更新が可能となります。
いずれにしてもしっかりと勉強する古都が必要ですし、新しい法律等、覚えることも5年の中で出てくることもあるので、常に新しい情報を持っておくこと、実務をこなしていくということも重要でしょう。

Related posts