You are here
マイナンバー実務検定 資格 

マイナンバー実務検定

マイナンバー実務検定とはどういう検定か?

日本ではマイナンバー制度が始まり、日本に暮らす方々にはもれなく、マイナンバーが割り振られています。
マイナンバー実務検定は、マイナンバー制度の理解、マイナンバー法やマイナンバーのガイドラインの本質を理解しているかどうかということを問う試験となっています。

この先、マイナンバーがさらに利用されていると予想される中で、こうしたマイナンバーについての法、ガイドラインの理解など求められる場面が、就職という中でも多くなっていくかもしれません。

マイナンバー法の一般常識レベルを理解できており、日常生活に活かすことができるというマイナンバー実務検定の3級、ビジネスパーソンとして、マイナンバーの理解が深く、関連しているガイドラインの入門レベルを理解しているかどうかを問う2級の試験もあります。

またマイナンバー法、関連するガイドラインを深く理解しているかどうかを問う、1級試験等もあります。
ビジネスに活かすということを考えると、2級試験からのチャレンジがいいと思いますので、みなさんチャレンジしてみてください。

受験要件や条件、出題について

マイナンバー実務検定は国暦、年齢などに制限なく、誰で儲ける事の出来る資格試験です。
3級は日常生活におけるマイナンバー制度の仕組みなどを理解されているかどうか、2級は3級の知識に加えて企業等でマイナンバーを適正に扱うための注意点を踏まえ、広くマイナンバーについて理解しているかどうかの試験です。

実施される日程については、マイナンバー実務検定のホームページに記載されていますので、日程を確認し申し込みます。
受験会場は財団法人全日本情報学習振興協会指定の全国会場で、会場については全日本情報学習振興協会ホームページで掲載されています。

試験はマークシート方式で3級は2肢若しくは4肢選択一式、1級、2級は4択一式です。
3級は制限時間60分、2級は90分、1級は120分です。
受験料については変更になる事も考えられるのでマイナンバー実務検定によって確認してください。

申込みは全日本情報学習振興協会で交付している受験申込書を取り寄せ所定の事項を記入、申し込みを行うか、ホームページの所定フォームから申込みできます。

マイナンバー実務検定の合否については、それぞれ行われた試験から1ヶ月後くらいに、財団法人全日本情報学習振興協会のホームページで発表されます。
合格証書は合格発表から1か月後当りに、交付されることになっています。

合格率は3級が40%から70%くらい、2級が40%から60%くらいです。
マイナンバー実務検定のホームページでは、講座なども行っていますので、取得を目指す方は講座などを受けてみてもいいと思います。

Related posts