You are here
メンタルヘルス・マネジメント検定 資格 

メンタルヘルス・マネジメント検定

社会の中で深く大きな問題となっているメンタルヘルスケア

働く人の環境は日々、変化しており、昨今はうつ病が国民病といえるのではないかとされるなど、精神面に不調をきたす方も多くなっています。
ストレス社会と呼ばれる世の中にあり、心の病を持っている労働者は増加の一途をたどっています。

誰もが気持ちよく楽しく働けることを目指していますが、自分が本当にしたいと思った仕事につける人はほんの一握りです。
そのため、心の病を抱える方も多くなり、企業によっては企業内クリニックを設置し対応しているという所も少なくありません。

厚生労働省はメンタルヘルス対策の推進として、労働者の心の健康、また保持増進のための指針を打ち出しました。

こうした中、厚生労働省のこの指針を受けて大阪商工会議所が実施している検定試験があります。
それが、メンタルヘルス・マネジメント検定です。
心の病を未然に防ぐ知識、対処方法などを学ぶ資格試験です。

企業内でしっかり解決、予防できる対策が必要

生活習慣病等の予防、未然に防ぐ対策として、企業では様々な取組が行われています。
従業員の健康を把握し、よりよい環境を作るということが企業の責任でもあるのです。
ただ企業も人間の集まりなので、どうしても合う合わないが出てきます。

うたれ弱い人も多いですし、傷つけるつもりがなくても相手の方を傷つけてしまう人も少なくありません。
そのため、体の健康ということも企業がしっかり考える必要がありますが、心の健康についても、企業はしっかり考えていく必要があるのです。

そこで登場したこのメンタルヘルス・マネジメント検定を活用し、企業の中でもしっかり対応できる人材を育成すること、また故人故人がストレスに対応できる状態になる事が求められるのです。

メンタルヘルス・マネジメント検定には種別がある

マスターコースと呼ばれるⅠ種は、社内のメンタルヘルス対策の推進を行うもので、対症は人事労務、管理者、経営者です。
メンタルヘルスケア計画、産業保健スタッフとの連携、教育、研究などの企画立案、実施等ができるかどうかで認定します。

Ⅱ種はラインケアコースで、部下のメンタルヘルス対策の推進を行います。
対象となるのはリーダー、管理監督者で、部下の調子を普段から見つめ、部下に不調があるとした場合、安全配慮義務に沿った対応を行います。

Ⅲ種はセルフケアコースで水からのメンタルヘルス対策の推進を行います。
対象となるのは一般社員、新入社員で自らのストレスの常用を把握し、不調な状態に対して早めに気がつき配慮できるかどうか、またケアできるかどうか、必要なら助けを求めるということも行うことができるかを認定します。

Related posts