You are here
キャリアコンサルタント 資格 

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとはどういう仕事をする資格者なのか

最近はコンサルタントの専門家として将来働きたいという願いを持っている方もいます。
その中で、近頃よく聞く資格としてキャリアコンサルタントがあります。
この資格は国の政策でも活躍が期待される資格で、キャリアコンサルタント、キャリアコンカウンセラーといいます。

2016年から創立されたもので、個々人の適正、職業経験に応じ、職業設計を行う、また職業選択、能力開発などを効果的に行うという専門家です。
企業の人事担当、教育関連部門、公的就業支援機関、人材紹介など、幅広い業務で必要とされている専門資格です。

職業能力開発促進法において国家資格となっているキャリアコンサルタント

この資格は職業能力開発促進法の中で国家資格となっている資格で、このキャリアコンサルタントという名称を用いてキャリアコンサルティング業務を行う資格です。

労働者の職業の選択、職業生活設計、職業能力開発と工場等相談に応じる、また助言や指導を行うという業務です。
この資格は、紛らわしい資格名称などを用いて同じような業務をしてはならないとされる名称独占の資格とされています。

この資格を保有し、コンサルティング業務を行う人は、信用を傷つける、また不名誉な行為を行うなどを禁じられ、もちろん、相談業務等を行う必要があるので、守秘義務の責任を負います。

秘密を洩らした場合や、名称使用の制限に違反したという場合には、罰則があります。
そうした責任ある資格です。
この資格は登録から5年ごとの更新が必要となります。

なぜキャリアコンサルタントの資格が国家資格となったのか

企業を取り巻く環境が大きく変化しているということで、経済成長をしっかりと安定的に維持するという目的の元、働き手が自らキャリアについて主体的に考える習慣を身に着けることが重要です。

企業等は定期的なキャリアコンサルティングの機会を提供することが重要とされています。
そのため、法律改正し、キャリアコンサルタントという名称独占の資格を作り、更新制度を持たせ、資質の確保を図り、計画的に養成していくことでこの資格を作りました。

キャリアコンサルタントを活用した形成、仕組みを導入した事業主については助成等も創設されていて、この資格はこの先、人材育成や企業の働き手がキャリアを考える時、有効な資格となります。

活躍するフィールドとしては、企業組織の中はもちろん、人材派遣、人材紹介会社、公的な就業支援機関、大学などの教育機関と実に幅広いです。
責任ある資格となりますし、人材育成という大切な要素を持っている資格となりますので、これから先、こうした資格を取得される方も多くなっていくでしょう。

Related posts