You are here
衛生管理者 資格 

衛生管理者

衛生管理者の資格は第1種または第2種に分かれていますが、常時50人を超える労働者がいる事業所では必ず1人は選任しなくてはなりません。
そのため、衛生管理者の資格を取得しておくと様々な業界で就職そして転職の際にとても助かります。

どんなことをするの?

衛生管理者の資格というのは、基本的に労働者の健康障害を防止するため作業環境管理をすることや、作業管理また健康管理、さらには労働衛生教育の実施や健康の保持上進措置などとなっています。
要するに従業員が健康的に働ける環境づくりをしていくために知識を学び職場管理をするというものになっています。
試験科目は第1種、第2種で違っていますが第1種の方が難しい内容になっています。

間口が広い

衛生管理者の資格を取るための受験資格は複数のものがあります。
大学やや高校を卒業し、1年以上労働衛生の実務に従事した者や学士の学位を授与されたものでその後1年以上衛生の実務に従事した経験を持つ者、その他学校教育法による高等学校又は中等教育学校を卒業した者で、その後3年以上の労働衛生実務に従事したものなど、幅があります。

このほかにも10年以上労働衛生の実務に従事した経験のある者など、非常に多くの受験資格が設定されています。
ほぼ全ての人が受けられると言っても過言ではないでしょう。
有害業務を始めとして、労働衛生上の知識として関係する法令などを学んでおく必要があります。

こちらの資格を取るために勉強をすると、健康管理のための知識が学べるので、自分だけではなく職場の従業員はもちろんのこと、その他家族や友人の健康管理にもアドバイスをしてあげることができます。
難易度も特別高いものではありませんので事前にしっかりと勉強しておけばクリアすることができるでしょう。

通信教育やアプリで勉強する人が多い

近年では衛生管理者の資格について勉強方法も次々に広がっています。
スマートフォンのアプリでも過去の問題を解くことができますので、まずはこのような過去問を次々にこなし内容を覚えてしまうという人もいます。
書店で参考書を購入し勉強する方法もありますが、通信教育を受けるという方法が便利です。

最も短期間の場合は3ヶ月か4ヶ月の時間で充分知識を身につけることができます。
さらに、短期で勉強するための教材などは要点をまとめてあるので2週間の勉強で合格したという人もいます。
このような実情を踏まえても、さほど難しいものではないと言えるので、将来を考えた上で役立つ資格が欲しいと思っている人はチャレンジしてみると良いでしょう。

Related posts