You are here
未経験から人事へ転職した話 お役立ち情報 

未経験から人事へ転職した話

人事は経験が必要だと言われていますが、昨今では人員不足によって未経験でも人事担当者を募集する企業が増えてきました。
実際に未経験で人事へ転職した話を元に、未経験可の転職先や就職先を探す際のポイントを抑えましょう。

派遣でも良い会社を探す

未経験でも雇ってくれる会社があるといえども、右も左もわからない中で人事の業務をすべて任されてしまえば何1つこなすことができません。
そのため自分自身が未経験の状態で人事を希望する場合は、まず派遣社員として人事担当をすれば良いといった企業を探してみると良いでしょう。

このような企業の場合には、すでに人事担当者がいるケースが多く、派遣社員として雇用された場合でも様々な業務を手取り足取り教えてもらうことができます。
最初は何も分からずに右往左往してしまっても、細かく教えてもらうことができれば一つ一つを覚えながら経験を積んでいくことができます。
無責任に丸投げをされてしまうような会社ではなく、責任をもって人事担当者を育ててくれるという意気込みのある企業を見つけるようにしましょう。

年齢が若いうちに転職を考える

人事担当者への転職または就職を希望しているのであれば、できるだけ早いうちが良いです。
30代後半や40代になってから希望しても、これまでの経験がなく採用されるのは難しいと言えます。
人事担当者というのは経験を積みながら大きく成長し会社への貢献度も高くなってきますので、吸収力の高い若いうちに転職を考えるようにしましょう。

実際に人事担当者を募集している企業も20代から30代前半を中心に募集しているケースがほとんどです。
そのため将来的には人事の部署で働きたいと思っている方は、社会に出て早い段階で人事という業務を経験する必要があります。
早いうちから経験を重ねることによって、30代40代になった時には多くのキャリアを持ち、転職先を自ら選べるようになるでしょう。

コミニュケーション力をアピールする

初めて人事の仕事に携わっていく際には未経験ということを自負しながらも、コミュニケーションの力をしっかりアピールしていきましょう。
大きな企業をはじめとして中小規模の企業であってもパートさんやアルバイト、また派遣社員などと積極的にコミュニケーションをとっていかなくてはなりません。

このような部分では今までひたすらデスクに向かってお仕事をしていたということより、様々なコミュニケーションを取りながら働いていたという方の方が採用されやすい特徴があります。
自分にはどれだけのコミュニケーション力があるのかをアピールすることができれば採用される可能性も高くなります。
もちろんその中でも冷静な判断力を持っていることや、機密保持をしっかり行っていることなど重要なポイントを抑えていることもアピールしていきましょう。

Related posts