You are here
会社で葬式を行う場合 お役立ち情報 

会社で葬式を行う場合

社会人になると様々なマナーを身につけておかなくてはなりません。
ビジネスマナーの中にも多くのジャンルがありますが、ここでは社葬に関してのマナーを取り上げていきます。
ミスを犯してしまうことや失礼のないように、しっかりとマナーを身につけておきましょう。

会社の大きさは関係ない

社葬というのは一般的に非常に大きな企業の重役などの葬儀だと思っている方もいるようですが、そうと決まったものではありません。
小さな規模の会社であっても会社で行う場合には、これが社葬となります。

そのため人数などに関しても何人以上と決まっているものではなく、どんなに少ない人数であっても、会社全体で行うものは社葬という事ができます。
社葬を行う最も大きな目的というのは、亡くなった方に対するこれまでの功績を称えるといった意味を持っているのです。
下のサイトから社葬に関する情報を参考にしてみてください。
>>社葬は信頼の葬儀社【公益社】

故人が亡くなったことを悲しむだけでなく、多くの人々の前でこれまでの功績を称え、今までの感謝を伝えるという意味合いを持っています。
まずはこれを忘れず社葬に参列するようにしましょう。

社葬についての通知を受けた時

自分の会社ではなく、取引先などから社葬に関しても通知を受けたときには、まず人事部で人選をしなくてはなりません。
社葬については数え切れない程多くのマナーがありますので、こちらのように詳しいマナーを教えてくれるようなホームページまたは葬儀社などを参考にすると良いでしょう。

まず通知があったら会社の代表として、誰が取引先の社葬に参列するのかを決めることから始まっていきます。
もっとも付き合いの長かった従業員や重役などが参列することになりますが、必然的に取締役などになるケースがほとんどです。

故人に対し自社から参列をする人選は、故人よりも役職が上の人というのがマナーです。
故人よりも役職が下の方が参列してしまう場合にはマナー違反となるのでしっかり覚えておきましょう。

また、どうしても重役などが参列することができず代理人を立てる際には、基本的に同格の役職を持つ人選を行いましょう。
故人と同格の役職が参列することも難しい場合には、代理人を立て参列することができない本人の名刺を受け付けで差し出すようにします。

社葬で名刺交換は絶対にしないこと

大きな企業になればなるほど社葬には非常にさまざまな方が参列します。
そのため、そこで新たな人脈が広がると考える人もいるようです。
しかし、あくまでも個人の功績をたたえるため、そして天国への旅立ちをしっかりと見守るための場ですので、名刺交換は絶対にしてはなりません。

これは非常に失礼なマナー違反となりますので、万が一相手から名刺交換を申し入れられても断る必要があります。
服装に関しては基本的に個人葬と同じですのでブラックスーツを選ぶと良いでしょう。
ただし、社葬の規模によっては略式装ではなく正装をしているというケースもありますので、こういった部分は自分で判断する事が難しければ重役などに確認してみた方が良いでしょう。

Related posts