You are here
人事に向いている人 人事 

人事に向いている人

人事には責任感が必要で、これまでも多くの経験を積んでいなければできないと思っている人もいるようです。
しかし、人事に向いている人というのは細かな気を配れることや、人を大切に思える人ですので経験だけが全てではありません。

人と接することが好きなタイプに向いている

会社勤めをしていても、人とのコミュニケーションをとるのが苦手でデスクに向かっている方が良いという人もいます。
しかし、人事の場合には、常に人と接していことになりますのでコミュニケーションをとることが好きな人は、毎日の中で楽しさを感じることができます。

どんな内容であっても、多くの人々と接しながら様々な話をして会社に貢献していくような立場となりますので、デスクワークが苦手な人は本当に充実を感じられる仕事です。
場合によっては従業員等から相談されることもあり、さらには会社の重役から人事について相談を受けることもあります。
こういった部分でも自分自身のやりがいを感じ、会社に必要とされている実感がわいてくるでしょう。

細かな部分に気を配れる人ならできる

それぞれの部署に配置された従業員を細かく把握しながら、笑顔で働けているかストレスを感じていないかなどの部分で細かな気を配れる人は人事に向いているといえます。
自分でスタッフを選び、部署に配置した後で楽しそうに働いている姿を見れば自分の判断が間違っていなかったと自信を持つことができるでしょう。

これに関しても大きな自信につながっていきます。
また、万が一ストレスを感じ暗い表情を浮かべている従業員がいたら上手に相談にのってあげることや、アドバイスをしてあげることも可能です。
こういった部分でしっかりと従業員の状況を把握し、一人一人の従業員が働きやすい環境づくりに努めることも大切ですから、こういったことが得意な方は面白みや楽しみ、責任感を感じられる場面もどんどん増えていきます。
下のサイトからも人事についてのお仕事を知ることが可能です。
>>人事の仕事について【OKWAVE】

冷静な判断が下せることが重要

会社の中では時に人事異動が発生する事があります。
この人事異動が良いものであればもちろん問題ありませんが、反対に悪いものであった場合には従業員も辛い思いをします。
しかし同情ではなく、冷静な判断を下した上での人事異動を行っていくのも大切な仕事。

自分の上や偏見などで判断をしてしまうのではなく、会社のためを思って冷静な判断を下せるようにしましょう。
たとえその場で従業員に辛い思いをさせることがあっても、それが結果的に良い方向へと向かえばこれ以上のやりがいはありません。
人事異動をする際にも1人1人の従業員の特色などを掴みながら決定していくのはとても大きな責任を担っていますが、その分自分の冷静な判断力を磨いていくことができます。

人事として働いていく中で前述の通り、充実感というのは本当に多くのものがあります。
一つの業務や依頼をこなすだけで、全てが自信につながってくれるるので、やはり基本的に人が好きな人に向いていると言えそうです。

Related posts