You are here
人事が求められる能力 人事 

人事が求められる能力

人事担当者として働いていきたいと考えている人は、どんな能力を求められるのかを知らなくてはなりません。
パソコン処理が行えることはもちろんですが、その他にも必要な資格や持っていた方が良い資格などがありますのでご紹介していきます。

まずは経験が何よりも大切

人事の仕事は未経験で簡単にこなせる内容ではありません。
会社にとって非常に大切な情報管理や人材管理をしていきますので、しっかりとした経験がなければ難しいといえます。
労務に対して、そして人事に対してこれまで実務経験を持っていることが最も大きなポイントになります。

そういった経験の中で、どれだけの業務を担当してきたのか、何年間担当してきたのか、という部分が注目されます。
同じ経験年数であっても担当してきた業務内容によって処理能力は違います。
そのため、より多くの経験を持ち、様々な分野に対し迅速に対応していかれるといった能力が求められると思っておきましょう。

コミュニケーション能力や機密保持の力も大切です。

様々な人と接することの多い人事の仕事ですが、中には書類整理をすることもあります。
情報管理をしていく中で、機密保持はとても大切。
会社側から心底信頼されていなければ人事として働いていくことはできません。

機密保持が持つ意味はどんなものなのかを把握していなければ難しいでしょう。
また面接をはじめとして、その他にも常に多くの人々と接しながらお仕事をしていきますので、コミュニケーション能力が高ければ高いほど良いとされています。
事務処理能力とコミュニケーション能力は人事にとって必要不可欠なものといえます。
もちろんここでのコミュニケーション能力は自分の概念にとらわれるものではなく、柔軟な発想やコミュニケーション方法を持っているということを意味しています。

あった方が良い資格や知識について

社会保険を扱うこともある人事ですので、社会保険労務士の資格などはあった方が良いと言えます。
大きな企業になると、この資格を持っていなければ人事スタッフとして働くことはできません。
そのため、こちらについても必要な能力の一つといえるでしょう。

またこの他にも事務処理能力や基本的なパソコンスキルは絶対的に必要です。
事情を行っていく上でパソコンが苦手という人は、ほぼ不採用となってしまいます。
必ず最低限パソコンを操作できることやファイル管理が容易くできることが求められます。

さらには、衛生管理者の資格や労働法についての知識を持っていることが求められることもあります。
こういった部分もやはり企業の規模によって違ってくるのですが、あらかじめこのような知識、そして資格を持っている方が需要は高いと言えます。
働きながら資格を取ることもできますが、最低限の労働法について自分で学べる範囲内で学んでおくことも必要でしょう。

Related posts