You are here
人事のキャリアプラン 人事 

人事のキャリアプラン

どのような立場で働いている場合であっても、ある程度キャリアプランを考えておくことは大切です。
特に人事の場合にはキャリアプランをしっかりと立てておかないと会社に貢献することができません。
多くの場合で活用されているプランをご紹介します。

まずは採用が最優先となります

当たり前のことですが、人事といえば新規採用や中途採用を担当することになります。
ですから、まずはこの部分が最優先だと考えておきましょう。
新卒を採用する場合には年末から春先にかけて面接などを行い、雇用する人材に対し様々な手続きをすることになります。

また中途採用の場合には会社によってタイミングも違ってくるので、こういったタイミングにあわせ求人募集を打ち出すことなどを考えていきましょう。
どのような人材が欲しいのか、選考ポイントも自分の中で考えていかなくてはなりません。
部門の新規立ち上げによって採用作業が必要になってくるというケースでは、即戦力として働いてくれるような人材を見抜く必要があります。

口頭のみで過去の経験を話すだけでなく、実際にどんな実績を持っているのかという部分についても、面接時に細かなチェックをする必要があります。
人事のお仕事の中でもこの採用、そして雇用に関しては最重要項目となっています。

教育研修や労務に関して

採用についてを自分の中でプランニングした後は、給料も含め様々なものを考えていかなくてはなりません。
勤怠管理はもちろんのこと、その他にも就業規則をしっかり管理することや、社会保険の手続き、労使交渉なども担当していきます。
また近年では様々な企業で、メンタルヘルスケアも取り入れていますのでこういった部分を担当するのも原則として、人事の仕事だと思っておきましょう。

定型業務ばかりではなく、メンタルヘルスケアなどに関してはイレギュラーなケースも発生するので、迅速に対応する必要があります。
そして的確な処理をすることが大切ですので就業規則をはじめとして、勤怠管理なども常に細かな目を配り、徹底した管理が行えるように取り組んでいかなくてはなりません。

人事制度をどのように考えるか

会社には必ず人事制度が必要です。
福利厚生はもちろんのこと、その他にも賃金制度や退職金制度、企業年金制度等が含まれてきます。
このような部分についての構築や運用をする、そして必要に応じて改定をすることも人事のお仕事です。

近年では終身雇用をはじめ、様々な制度の構築が見直されていますので世の中の動きを察知して適正な構築をしていかなくてはなりません。
一昔前のように年功序列制度は少なくなってきており、人事制度を考える際にも実力社会となってきました。

このような部分では人事が1人1人の従業員の実力をしっかりと見抜き配置をしていく必要があります。
トータルでこういった部分でのキャリアプランをしっかりと練りながら、会社への貢献を行っていきましょう。

Related posts