You are here
人事のキャリアパス 人事 

人事のキャリアパス

人事とはどういう仕事になるのか?

企業に就職するとそれぞれ、その人の能力により課に振り分けられます。
この時人事という課に属する場合、組織の中で人材にまつわる仕事をする人ということになります。

従業員のキャリアについては、人事という中で非常に大切な要素となりますが、人事に属する方のキャリアパスを考える場合はどのように考えていけばいいのでしょうか。

人事という仕事は人材の採用、育成、教育、配置、また労務関連まで行うことが必要となり、企業によっても違いがありますが、かなり業務範囲の広い仕事となります。
そのため、すべての事をそつなくしっかりとこなすことができるようになるためには、相応の時間が必要です。

また別の課から人事に希望を出すという場合も多くその場合、現場でより多くの経験を積み、人事としての能力を高く持っているジンサインある事が求められます。

大手企業の場合、人事と一口にいっても細かく担当する課が分れており、採用、教育、労務など、分業となっている場合も多いので、この場合、人事の中でもどの分野に属して働くことがのぞみなのか、将来の希望なのかはっきりさせて、目標をもって進むことが大切です。

人事から独立を目指す方も多い

人事は企業の中で経営との関連性が高く、企業の主軸部分を理解して仕事を行うという性質を持っています。
こうした特殊な課であることもあり、人事として必要な実務ができる能力をスキルアップしていくことも求められます。

またビジネス、経営ということについても専門的知識が必要な事も多く、人事という課の中で、必要なスキルを磨き実績、経験を積んでいくことで企業に属さず、独立して仕事をしていくということを考える方も少なくありません。
この場合、人事としては働きつつ、関係する社会保険労務士資格などを勉強し資格を取得、さらに経験を積み、独立されるという方が多いようです。

昨今、こうした人事系、労務系の仕事を独立してこなすということも、かなり難しくなってきていますし、人事とはまた別に、依頼先を探すための営業能力なども必要となってきます。
そのため、企業の中で営業やそのほかの課を経験し、その上で独立を考えるという方も少なくありません。

企業のコンサルを行う企業に転職し、少しずつ経営のノウハウ、ビジネスの応用などを身に着けて、コンサルとして独り立ちするという方もいます。
ただ質の高いまた幅広い知識と能力が必要となりますので、経験、実績、資格共にしっかりと計画性をもって取得していくことが重要です。

深い知識とビジネスの幅広い知識を身に着ける為に、長いスパンで計画を立て、人事、労務などのスペシャリストになっておく必要があるでしょう。

Related posts