You are here
キャリアチェンジと年齢の関係性 転職 

キャリアチェンジと年齢の関係性

今の仕事に満足?それとも転職を希望している?

今の仕事に満足されていて、家庭との両立、生活と仕事との両立がうまくできているという人は、単身であれ家族持ちであれ、充実した生活を送っているといえますが、今の仕事は限界、先が見えているし自分にあっていないから、キャリアチェンジを考えたいという人も少なくありません。

もし、これからキャリアチェンジを考えるとしたら、何歳までがデットラインになるのか?というと、通常、30歳を超えると厳しいといわれます。

では、キャリアチェンジを考える時、ポテンシャルで採用してくれるのはいくつまでと考えられるのでしょうか。

新卒同様に第二新卒としてもらえるのは20代前半まで

第二新卒という扱いは新卒とほとんど変わらない扱いになりますが、通常この年齢は、20代前半、入社して2年から3年くらいです。

この採用ニーズについては非常に景気に左右されるとされており、新卒採用筬インテリアデザイナーに、不景気で採用をひかえたという企業の場合、2年から3年くらいして経営が盛り上がり、採用を考えることができるようになって、新卒的な採用を考えるということもあります。

新卒で第一志望として面接をしたけれど不採用になったという場合、この新卒同様に採用を考えてくれ第二新卒の採用があれば、リベンジできる可能性も出てきます。
一度落ちたところだけれど諦めきれずに採用したということになれば、企業も悪い気はしないはずです。

但し、入社1年目でこのキャリアチェンジを考えてしまうと、長続きしない、我慢が出来ない、集団への適応性がないと判断されることがあり、これは逆効果です。
通常、どの企業にも3年くらいいて、その上で仕事が合わない、もっとキャリアを向上できる仕事がいいと応募する人が望ましいとされています。

20代後半から30代前半は熱意と実績を基に転職を

このくらいの年代になると企業は経験と実績が高い人材を希望します。
キャリアチェンジということでも、経験者よりもこの人の方が採用しておく価値があるという実績、経験以外の何かを持っていることがのぞまれるのです。

例えば、こういう仕事がしたいというクリアな希望、その為にとった資格、この分野でこういう仕事がしたいと思ってこの企業に来たのです!!という強い意思を感じさせる何かが必要です。

未経験の場合には、その分野に関してたくさんの情報を集め、その情報を基に、経験察よりも勝る何か、自分だけの特徴をもって面接に挑む必要があります。

30歳を過ぎてのキャリアチェンジは非常に難しくなるというのは、こうした経験や実績を持った人が転職希望することが多く、また企業もそうしたスキルの高い人材を求めるからです。

キャリアチェンジを考えるのなら、入社してから3年くらいがベスト、30歳を過ぎたら、何か特徴的な自分を打ち出す努力が必要ということです。

Related posts