You are here
総務の志望動機とは 転職 

総務の志望動機とは

総務になりたいという時の志望動機を考えてみよう

企業に就職を希望する場合、一般事務ではなく総務がいいという希望を持っている方もいます。
総務は企業を支えるサポート役となる部署、だからこの総務に入り、企業の主軸に近い位置で仕事をしたいと望む方も多いのです。

自分が人の上に立ち、全面的に管理しながらぐいぐい引っ張っていくということではなく、人をサポートし裏方として縁の下の力持ち的な存在でいたいという人も少なくありません。

これらの要素については、総務の適正となるので志望動機に入れておくこともできます。
人のサポート、裏方の業務について志望動機として総務には最適な要素です。

ただ気を付けておきたいことが、総務というのは企業、組織で最も必要とされる職種で、だからこそ、志望する側も、どうして総務として働きたいのかということを明確にし、沢山の総務希望者の中にあって、目立つ存在にならなければならないということが難しいのです。

総務は企業理念、ビジョンということについても、企業ごとに異なるこうしたことをしっかり頭に入れておいて、自分がその企業の中でどのように働きたいのかということを、相手企業にしっかりと明確に伝えることが必要です。

総務の面接で重要視されるのはどういうことか?

総務の面接で重要視されることは何か、これは、企業の中で即戦力として中途採用する場合、過去にどのような業務を行ってきたのか、具体的なスキルを提示する必要があります。

総務の業務というのは、人事などを担うこともありますし、時に企業の経営ということに関することも含まれます。
大手企業の場合分業され、人、ものなどがそれぞれ分離していますが、中小企業の場合、少ない人数ですべてを行っているということも少なくありません。

そのため、経験者についてはどのような仕事をどの位してきたのか、総合的な事を行ってきたのかそれとも専門分野に特化してきたのかなどを明らかにすることが求められるのです。

総務という仕事は、組織全体を理解し、多くの人とかかわっていくことが多い特殊な課です。
そのため、事務処理が早いとか技術に長けているということ以外、人対人のコミュニケーション能力が高いということも求められます。

経営陣と話をすることも多いですし、新しく入ってきた新入社員と話しをすることもあります。
どんな年代ともしっかりと話ができ、高いコミュニケーション能力を持っている人が、総務の人材として適切といわれるのです。

共調性、責任感等も問われることが多い総務は、なかなか転職するということでも大変ですが、スキルを向上させて、専門性をもって挑む、また幅広い仕事ができるなど自分の総務としてのスキルを企業にわかってもらえるようにしていくことが求められるでしょう。

Related posts